乙女

けもみみユーフォリア – 感想

2021/09/01 2021/11/06

●ウサギのリュゼ

最初、ヤンデレかと思った(第一声)。
そして、私はドMなんだなぁと改めて思わせてくれるキャラだ。

このウサギのリュゼ先輩は腹黒キャラ、とのこと。だけど、彼と関わっていくごとに表では腹黒っていう体で実はそんなに、というか全然腹黒ではないと思わせるそんなキャラクターとなってます。

彼は天才肌で生まれながらにして才能がありお花の神の申し子なのですが、先輩にとってのNGワードが「才能」でそのことで彼を刺激すると一気に闇落ちしていくっていうのが才能溢れる彼らしいなと。
私が「才能あるね」とか言われたら有頂天になる。絶対調子に乗る。


彼の口調にも意外性を感じましたね。
彼の見た目もあるのですが、もっとこう、「ふ~ん…」「そうなんだ…へぇ」といった感じかと思っていたのですが思っていたよりも自分の思っていることをはっきり言うキャラで、ちょっぴりオスな感じがするのがグッときました。

オスな感じというともう一つ、いざという時に頼りになる部分が素敵。「ふーん…そんなのやるの?」みたいな態度をとりつつもさり気なくやってくれるといった優しさも好き。