乙女

けもみみユーフォリア – 感想

2021/09/01 2021/11/06

●クマのウィル

こちらのゲームの感想ページを見てくださっている方々はおそらく「ちゃお」という少女漫画雑誌を知っているかと思います。中には世代という方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

私は世代です(誰も聞いてない)。

このクマのウィルくんはそんな「ちゃお」に出てくる、ワクワク感とドキドキ感に思わずフフッと笑みがこぼれる、そんなストーリーがギュっと詰まってます。


とにかく甘酸っぱい! この言葉が一番合っているのではないかと思います。
あと「初恋」がキーにもなっているんだろうなぁと思います。
はじめて恋を知る過程を味わえる√かと。

そして「好き」のその先に待っていることがまだ始めてだから一緒に歩んでいこうって感じのなんとも初々しい姿にプレイヤーも初心に戻ると思います。
全体通して裏というかやましいことなどが全くと言っていいくらいないので、安心して読めるのもウィルくん√かも。友達から彼氏彼女へ関係性が変わる描写が絶妙です。

というかね、このゲームは子どもにも大人にもハマると思うので楽しめる年齢層が非常に幅広いんですよね。


モコちゃんとウィルくん2人の距離が近づくきっかけとなるのがウィルくんの趣味である「鮭狩り」。
秘密にしていることがあると話す姿に一瞬ヤバイことでもやっているのかと思ったのですが、鮭を狩っているという。この時点でカワイイよね。この秘密を打ち明けるウィルくんが必死なのがまた可愛いの塊。

そして一直線に主人公モコへの愛を叫ぶ。
鮭も狩って、恋も駆る。すみません、ダジャレのつもりです。

退学エンディングは悲しかったなぁ…。「怖くない」を選んで達するエンディングなんだけど、
「怖い」を選ぶといくつか恋愛や友情エンディング見られるってところから、ウィルくんは正直な人に好感を持つんだろうなぁと思った。